> ブログ > 人前式って?人前式の流れとメリット・実際に参加した人の感想

人前式って?人前式の流れとメリット・実際に参加した人の感想 Blog

人前式って何?人前式の流れとメリット・実際に参加した人の感想

 

結婚式は、結婚を誓う相手によって形式が決まっています。

神様に誓う神前式・教会式、仏様に誓う仏前式、そして人に結婚を誓う人前式

人前式は、自分達らしい結婚式を挙げたいおふたりに特に人気のスタイルです。

思い出の場所で結婚式を挙げることも、挙式費用を抑えることも、今までの感謝の気持ちを直接伝えることも、人前式では思いのままに。

今回は、人前式の流れやメリット・実際に参加した人の声をご紹介します。

ぜひ、おふたりらしい挙式選びの参考にしてみてください。

 

福岡,モントレ,結婚式

 

人前式とは

自分達だけの演出をしたい人や、お世話になった方に感謝を伝えたい人におすすめしたい人前式。

人前式で決まっていることは、「人に結婚を誓い、参列者に証人になってもらうこと」のみです。

結婚を誓う相手は、新郎新婦・両家の親・共通の友人など、おふたりで自由に決めることができます。

会場も、最近人気のゲストハウスはもちろん、初めてデートした公園やプロポーズされた海岸など、お気に入りの場所で行うことも可能です。

服装に決まりはないので、ドレスや着物のほかに、共通の趣味や仕事に合わせたスタイルにすることも。

「ドレスコードは全員白で!」、「結婚式でプロポーズを再現したい!」など、やりたいことが何でも叶えられることが、人前式の特徴です。

 

 

大阪,レストランウェデイング,会費制

 

人前式のメリット

今まで参列したことのない、おふたりだけの結婚式ができることが人前式のメリットです。

挙式では絶対にこれをやりたい!」こだわり派のおふたりはもちろん、何も決まっていないけど、私達らしい式をしたいと思っている方にもおすすめです。

人前式は何でも自由にできるので、挙式のテーマ選びが大切。

アットホーム・全員参加型・感謝を伝える・とにかく楽しく!など、おふたりがこれまで大切にしてきたことをテーマにするのが一般的です。

テーマが決まれば、経験豊富なプランナーさんと一緒に、伝えたいことに合った内容を考えて、自分達だけの式が完成します。

教会式での牧師の手配や、神前式での初穂料のような、その式ならではの必要経費はありません。

費用を抑えたいところ、気にせずこだわりたいところをおふたりで自由に選べます。

また、人前式のプログラムである誓いの言葉では、今までの感謝の気持ちやこれからの誓いを、おふたりが伝えたい人に、自分の言葉で伝えることができます。

テーマや誓いの言葉を考えるなかで、今までの人生や結婚を決めた日のことを振り返ることができるので、おふたりの絆もこれまで以上に深まること間違いなしです。

人前式の流れ

人前式の所要時間は15分~20分程度です。

挙式の流れは自由ですが、教会式を基本にするおふたりが多いようですので、

 

 

今回はこちらの流れをご紹介します。

新郎新婦入場

新郎が先に入場し、後から新婦と父親が入場します。その後、母親によるベールダウンがあり、新婦と父親でバージンロードを歩きます。

特に決まった形はないため、新郎新婦が同時に入場したり、それぞれの両親や家族・仲のいい友達と一緒に入場することもあります。

開式宣言

司会者より、人前式の説明や、本日のテーマ紹介があります。

司会は誰にお願いしてもいいですが、時間通り進行してほしい・スムーズに進めてほしい場合は、プロに依頼することをオススメします。

誓いの言葉

おふたりが夫婦になるための誓いを、参列者の前で読み上げます。

「1.毎日おいしいご飯を作る」などの項目を3つほど宣言したり、誓いを立てたい相手に手紙を読む方法があります。

今までの感謝、結婚を決めた理由、これから大切にしたいことなど、一番伝えたい気持ちを言葉にしましょう。

改めて伝えるのは少し恥ずかしいかもしれませんが、おふたりにとっても、参列者にとっても、忘れられない思い出になりますので、ぜひ思いを伝えてみてください。

指輪交換

ゲスト参加型の指輪交換にしたい場合、「リングリレー」や「リングボーイ」、「リングガール」の演出がおすすめです。

「リングリレー」では、ゲスト席に長いリボンを一本用意し、リボンに指輪を通して後方のゲストから順番に、新郎新婦の元へ届けます。

「リングボーイ」、「リングガール」は、参列者のお子様に新郎新婦のところまで指輪を運んでもらうセレモニーです。

結婚誓約書へのサイン

新郎新婦と列席者の代表が、結婚誓約書へサインをします。

「ゲスト全員に参加してほしい!」というおふたりには、受付時に参列者全員に署名をお願いしたり、「ウェディングツリー」に署名するといった方法があります。

「ウェディングツリー」とは、木の幹と枝を描いた紙に、きれいな葉っぱになるように、1人1人が指でスタンプを押すものです。

そのほかにも、結婚誓約書の代わりに婚姻届けを書く、おふたりの思い出のアイテムに署名をお願いするなど、色々なアレンジを行えます。

結婚の承認

司会者や新郎新婦が、結婚誓約書を参列者に見せ、参列者に結婚の承認をお願いします。

承認の方法は拍手が一般的ですが、キャンドルリレーやバルーンリリースといった演出もおすすめです。

「キャンドルリレー」は、新郎から順番にキャンドルの火を灯し、全員のキャンドルに火が付いたら、同時に吹き消します。

屋外の会場であれば、全員のバルーンを一斉に飛ばす「バルーンリリース」が人気のセレモニーです。

閉式の言葉

司会者より、閉式の宣言をします。

退場

参列者に見送られながら退場します。

定番のフラワーシャワーやライスシャワーのほかに、全員にベルを用意し鳴らしてもらうベルシャワーといった演出もあります。

「ここが良かった!」参列者の感想

人前式に実際に参加した人からは、「誓いの言葉」と「結婚証明書」が特に良かった!との声が多数ありました。ぜひ、おふたりの挙式選びの参考にしてください。

誓いの言葉

新郎の新婦に対する思いが伝わり、必ず新婦を幸せにしてくれると思った。

・新郎新婦の意外な一面を知ることができた。

・相手の両親に誓いを立てる式に参列した。「こんなに素敵な新婦と家族になれて嬉しい」と新郎母が涙を流していたのが印象的だった。

 

結婚証明書

・受付の時にサインをした。私たちも参加できていることが嬉しかった

・新婦の家に飾ってあるのを見ると、結婚式のことを思い出して幸せな気持ちになれる。

・全員から祝福されたことが形に残るので、新婦にとって一生の記念になると思う。

素敵な挙式にするために

人前式のルールは、「人に結婚を誓うこと」のみです。

 

決まりごとがないからこそ、会場や内容、費用などをおふたりで自由に決められます。

 

福岡,モントレ,結婚式

 

思い出の場所、共通の趣味に合わせた演出、おふたりだけの誓いの言葉など、自分達にしかできない結婚式を行うことで、参加者全員が楽しむことができます。

 

おふたりらしい結婚式のために大切なテーマ選び。

 

今までの人生や、これからの目標に合ったテーマを考え、本番では、一番伝えたい気持ちを言葉にしてください。

 

また、これまで支えてくれた家族・友人・同僚のみなさまへの感謝の気持ちを忘れずに。

 

人前式は、参列者との距離が近いことも魅力の1つです。

 

本番は緊張すると思いますが1人1人の表情を見ながら、心から楽しんでくださいね♪

CONTACT

会費制の結婚式 飾り

相談する

会費制の結婚式へのご相談やお問い合わせは
こちらからお願いします。
LINEでの相談も可能です。
LINEはこちら

お名前必須
お電話番号
メールアドレス必須
ご相談内容
 
会費制の結婚式ロゴ

株式会社PREMIRE
大阪府大阪市西区南堀江1丁目23-7 5F
営業時間:12:00〜21:00
店休日(火曜日)